« 2019年2月 | トップページ

消臭と衣類とお父さんと

衣類の消臭対策について。衣類といえばニオイが付着し、ニオイの発生するものとして忌み嫌われるものではないでしょうか。とくに男性は加齢により、ニオイをより香ばしく発生させます。おのずと衣類にもその香ばしいニオイはしみつき絡み付いています。

そうなるとお父さんの衣類といっしょに洗わないで!なんて年頃の娘に言われたりして、柱の影で泣いたり傷ついたりしているのではないでしょうか。心配しなくてもどこの家庭もそんなもののようです。

そうなると洗濯をする時に気をつけたい点というのが出てくると思います。主に洗濯を担当する主婦や主夫。なにかコツのようなものはあるのでしょうか。知っているのでしょうか。

でも最近のcmを見ていると、洗剤とか柔軟材とか、すごい効果を発揮するとうたわれているものが多いような気がします。すごく少量で、抜群の効果を発揮するみたいな。しかも洗濯物に優しく、ニオイや汚れもすごい効果でとりさるみたいな。本当なのでしょうか。

とても気になっています。消臭ハンドブックという消臭についての知識を学べるサイトがありました。ちょっと勉強してきます!

消臭体臭特にワキ汗

自分に合った体臭対策について考えていこうと思います。個人的にいつもニオイの気になる自分の中の身体の部分はワキなんです。

昔はそうでもなかったような気がするんですが、このところワキ汗が半端なくでている気がします。もちろん一番きになる季節は夏。

夏は動かずして汗をかける素敵な季節ですから普段ワキ汗をかく体質の僕なんかは、何倍にも増してかいているわけです。

その対策としては昔からなんですがセイカンスプレーです。プシューっと冷たくなるやつですね。昔は白くなったりべた付いたりしたものですが、最近のやつは性能がいいのかそんなこともなく、すぐにサラサラになりますね。

まぁでも面倒くさいっちゃー面倒くさいし、毎度の事ながらそれなりにコストはかかりますね。本当は体質から改善なんてことが望ましいと思うのですが、それにはまず何を調べてどう行動すればいいのかよくわからないし、重い腰を上げるのにも苦労します。

寒い地域で暮らせば、汗をかかずに年中過ごせるのでしょうか。これまた現実的でない話ですが。。。自分に合った体臭対策を見つけるのは苦労しそうです。

消臭と家の部屋の中でニオイの気になる場所

空間のニオイ対策についてアレコレ考えていきたいと思います。自宅の中のどの部屋のニオイ対策を特にしたいかというと、やはりあの場所しかないと思う。

つねにニオイの気になる場所。子供の頃からあそこは臭い場所なんだという刷り込みができている場所。それはトイレ。

まぁ自分の家のトイレはそれほどニオイのきつい場所ではないですが、トイレ=くさいというイメージからついついトイレに入ると鼻を敏感に作動させてしまいます。

最近では玄関や洗面所のほうが臭いというか、なんか水周りの独特の臭さがトイレよりもあるような気がしますが、トイレのニオイ対策こそすべてのニオイ根絶につながるような気もします。

消臭マガジンというサイトにもトイレ臭なる言葉が出てきて、トイレがなぜ臭いか?の原因がくわしく掲載してあります。まぁそれを見るに、大体の原因は男のトイレ利用にあるような気がします。

全部が全部とは言いませんが、尿を飛び散らせる可能性が高いのはやはり男性ですよね。それがトイレ臭の原因の1つとなっているようです。その対策は簡単で掃除ですよね。

あとなるべく飛び散らせないという努力も必要かと思います。トイレは毎日利用するので、そのたびに掃除も大変ですからね。

みなさんのニオイの気になる場所はどこにありますか?

消臭と空気清浄機と車の中

消臭家電を使ったニオイ対策について考えたいと思います。みなさんは家の中や車の中など、ニオイを防ぐため・消すためにどんな工夫をしているでしょうか。

私はいつも貧困な発想による誰にでも思いつくようなニオイ対策しかしてないと思います。まぁそれなりにしておけばいいじゃないかと思いますが、最近気づいたことは…。

昔からなんですが、車酔いしやすい性質なんですね。気づいたのは車の中のこもったにおい、あの閉鎖空間の中で繰る広げられる圧迫感が酔いを誘発しているのではないかということ。

つまり車の中のガソリンのニオイとか、こもったニオイとか、それが温さと車のゆれが相まってゲロゲロ状態になってしまうのではないかということに気づきました。車の中がさわやかに無臭ならそれほど酔わないように思うんです。

それは車の窓を開ければとても気持ちよくなり、酔いが少しさめるのと一緒のことなんですね。あともうひとつ考えられるのは、自分で運転すると酔わないということ。つまり自分の車なら酔わないのは、自分のニオイのフィールドだからではないだろうかという考察です。

他人の車の中は、他人のニオイで汚染されています。だから酔うのではないかと思うのです。車の中のニオイ対策は、さまざまなグッズが売っていますが、狭い空間だけにあまりニオイがきついのは駄目だし、かといって中途半端もいけないとは思います。

いっそ車の空調機能の中に、車内空気清浄ニオイけしのような機能をつけてもらえないものでしょうか。。。

靴選びで冒険できる?

靴選びについて考えていこうかと思います。みなさんは最近靴買っていますか?自分では結構履きつぶすまで愛用する方なので頻繁に買うほうのタイプではないんです。

種類もいっぱいあるというほどでもなく、こういうスタイルのときに履く靴ってのを数種類買う程度ですね。靴好きの人が知り合いにいるんですが、その人はもう靴を履くために買っているというよりも、コレクターに近いですね。

しかもその買った靴を部屋の中に持ち込んで飾ってますから。もちろん履くこともあるそうですが、その膨大な靴の量からしてどういうサイクルでまわしてもなかなか、出番のまわってこない靴もあるだろうという感じの量があります。

ある意味尊敬します。そこまでこだわりのある靴を好きで集める情熱。私にはなかなかありませんね。靴だけにつどまらず他のことについてもそれほどの情熱を注いでいるものがあるかどうか疑問です。

まあ話を戻して靴選びなんですが、きょうは靴を買おうといって出かけることが多いです。あと決まったブランドと、決まった店で買うことが多いですね。あんまり自分の中で、冒険しようってならない性格なんでしょう。

いつも似たような形、にたような系統のカラーに落ち着きがちです。無難すぎるほど無難な選択をしています。皆さんは靴選びで冒険をすることがありますか?

足についての最近の違和感

足の悩みの原因と対策について考えて行きましょう。足の健康のために普段から気を付けていることを個人的に話しますと、最近ちょっとひざの調子が悪いような気がするんです。なので、ひざをかばうような歩き方になっている気がします。

痛いというほど痛いわけでもなく、なんとなくひざに負担がかかっているのかなという感じで。歩くにもそんなに支障がないのですが、病院に行くほどでもないという感じで。本当にたまにひざに違和感を感じる程度なのでなのです。

足を酷使しすぎているのかなと思いつつ、ひざにシップを張る程度で今は様子見をしているのですが、忘れた頃にひざにまた違和感を感じるんですよね。でもすぐにその違和感も消え去り、まあしばらく大丈夫な日が続き、忘れた頃にまたという感じで。

だから本当に病院に行くタイミングもなく、あと医者にどう説明していいのか具体的な症状がこれといって見えてこないんですね。でもほっといていつしま足に大ダメージなんてこともいやなので、次にひざに違和感を覚えたときは病院にその足で行ってやろうかと考えています。

我々は普段思いのほか足を酷使しているのかもしれません。気づかないうちに少しづつ蓄積しているダメージがあるのかもしれません。みなさんも気をつけてください。

消臭と臭い対策ととある気になるニュースと

カラダと家の消臭対策について考えたいと思います。

そもそも身体のニオイや家の中のニオイを防ぐ為に日々自分が行っていることといえば、ありきたりではありますが毎日お風呂いはいること、そして換気をしたり、掃除をしたり、消臭グッズを利用するということです。

まあパッと思いつくことの最低限のことですが、これらを実践しているだけでニオイとは縁遠くなっていくような気もします。

もちろん掃除や換気をするスパンであったり、身体のことについても夏であったりするならシャワーを浴びる回数を増やすなどのさじ加減も大切になってくるかとは思います。

とにかく気持ち的にすっきりしますし、掃除、換気、お風呂は入念に、そして小まめに行うことが対策になると思います。そういえば最近とあるニュースで、ニオイについての事件があったようです。詳細は伏せますが、ちょっと怖くなるような事件です。

ですが、その事件の本質はニオイなんです。このニュースを知って多分いろんな人が自分自身を少し顧みたのではないかと思います。いろんあ意味でニオイには気をつけなくてはいけないと思ったはずです。

みなさん、事件やニュースにならないように小まめにニオイとは縁遠い対策を施していきましょう!

« 2019年2月 | トップページ