« 100%天然ハーブのフェイシャルエステmialash | トップページ | 看護助手の本当のところとは »

内視鏡技師についてのアレコレ

内視鏡技師について考えてみました。そもそも内視鏡技師とはなんなのか。説明しろと言われれば困ってしまいますが、なんとなくのイメージで理解できない事はないと思います。

医療関係者?医療現場で内視鏡を使うプロの事?国家資格?などと、正解かどうかは分かりませんが字面のイメージからそういうものではないのかと思っています。

いい加減な事を言っていても行けないので、早速内視鏡技師について説明してあるサイトを探してみました。

すると内視鏡技師とは、医療系の技術職のひとつで内視鏡を使って診療をする医師の補助業務を担当する資格のこと。

内視鏡手術にかかせない技術職の一つのようです。

この内視鏡技師資格を取得するためには、学会認定試験に合格することが必要になり、その条件を得る為にも内視鏡室に2年以上の勤務実績や研究会やセミナーへの出席、広義や推薦書が必要になるようです。

なかなかこれは険しい道のような気がいたします。しかし特殊な専門職なだけあって、大変重宝される職であり資格のようです。

内視鏡技師について詳しく知りたい人は内視鏡技師について説明してあるサイトをチェックしてみてください。

« 100%天然ハーブのフェイシャルエステmialash | トップページ | 看護助手の本当のところとは »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内視鏡技師についてのアレコレ:

« 100%天然ハーブのフェイシャルエステmialash | トップページ | 看護助手の本当のところとは »