« 看護助手の本当のところとは | トップページ | アドテクノロジーのこと »

知っているようで知らない作業療法士(OT)とは

知っているようで知らない作業療法士という資格の事。

なんとなくそういう資格がある事は知っていたのですが、ではどんな内容の資格であるか、又その資格がある事でどのような職場で働く事が出来てどのような業務を行うのか説明せよと言われれば全く出来ない自分がそこにいました。

なので早速作業療法士 求人で調べてみると、様々な医療現場で働く職種であることが分かります。たとえば訪問看護リハビリステーションや、介護保険老人施設、病院などがピックアップされています。

お給料は20〜30万円前後。それに加えていろいろな手当がつくことが魅力な感じがします。作業療法士は略してOT(occupational therapist)と呼ばれ理学療法士・言語聴覚士とともに活躍する医療 ・福祉界のスペシャリストなのだそうです。

主な目的はリハビリおいて身体障害者と精神障害者の応用動作能力と社会的適応能力を回復させることです。なかなか奥の深い職種のようです。しかしやり甲斐のある仕事である事が見受けられます。

興味がある人はOT 求人で調べて求人サイト【介護福祉アシスト】をチェックしてみてください!

Link_kaigo_fukushi

« 看護助手の本当のところとは | トップページ | アドテクノロジーのこと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知っているようで知らない作業療法士(OT)とは:

« 看護助手の本当のところとは | トップページ | アドテクノロジーのこと »