« レーシックを受けたいその理由について | トップページ | 遮熱塗料は本当に効果があるのかについて »

遮熱塗料が使われている場所について

遮熱塗料が使われている場所について。遮熱塗料とは熱を遮る効果を持つ塗料の事です。

太陽光が家をメラメラと照らし続け、蒸し風呂サウナ状態となるこれからの季節。遮熱塗料はそんな状態を軽減してくれるというのです。

温度上昇を防ぐ遮熱塗料が使われている場所は、主に家屋の屋根や壁になります。

今はまだ遮熱塗料が使われている家屋は少ないようなので、これからの新築住宅には標準的に使われるようになるといいですね。

もちろん一般住宅だけでなく、熱塗料が使われている場所は人々が多く集まるスーパーなどの商業施設、区役所、体育館、室外プールなどなど。

特に人が多く集まる場所は、エアコンによる電力消費量をおさえるためにも遮熱塗料はとても大きな意味を持つ事になりそうですね。

電力消費量をおさえるということは、電気料金の節約や節電に繋がります。

そして熱塗料が使われている場所として変わった所では歩道橋やヘルメット、室外機などがあります。意外な所に使われているんですね。


« レーシックを受けたいその理由について | トップページ | 遮熱塗料は本当に効果があるのかについて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遮熱塗料が使われている場所について:

« レーシックを受けたいその理由について | トップページ | 遮熱塗料は本当に効果があるのかについて »