« 医師の転職活動対策ナビについて | トップページ | おすすめ遮熱塗料について »

医師のあるべき姿について

医師のあるべき姿について。誰も医師に対して、信頼をよせたいと思っていると思います。

わたし自身も媚びへつらうまでは行かなくても、お願いします的な感じで下手に出ていることが多いです。

まぁ医師に頼る時って、大抵病気で弱っている時ですから必然的にそうなりますよね。

ですが医師によっては、とても高圧的な態度であったり、この人に任せて大丈夫か?などという不快や不安な医師に出会う事もあります。

医師が出てくるドラマのように、崇高な念を抱いて、誰もが頼るやさしく腕のある医師なんてこの現実にはなかなか居ないもんなんですね。

まぁそれは患者側からのかってな願望なのかもしれません。

ほんとうに医師のあるべき姿というものをつきつめていくと、日本の医療制度が崩壊しないように考えている医師、

性格や態度がどうあれ現状において適切な治療が施す事が出来る医師、というものがベストな医師像なのかもしれないと思います。

運転免許をもっていようとも、決して皆が同じ運転技術が同じレベルではありません。医師も同じでしょう。

医師免許も持っていようとも皆が同じレベルではない。そう考えると、医師によっては治療に対する理念や、レベル一緒ではないので自分に在った医師を見つける事が大切ですね。


« 医師の転職活動対策ナビについて | トップページ | おすすめ遮熱塗料について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医師のあるべき姿について:

« 医師の転職活動対策ナビについて | トップページ | おすすめ遮熱塗料について »