« 理学療法士の魅力とは | トップページ | 缶コーヒーを飲む場面といえば »

中古自転車のリサイクルについて

不要になった中古自転車をどうするかは、なかなか悩ましい問題である。特に今は自転車がとても安く購入できるので、ついつい新しい自転車に買い替えてしまう。

そうなると乗らなくなった中古自転車の置き場所に困る。当然ながら自転車の処分には処分費用がかかります。それをどうしたものか。

そんな中「中古自転車をリサイクルしよう」というサイトが目に留まる。このサイトによると、中古自転車も売ってお金に出来るとのこと。

そういえばそういう考え方もありましたね。そりゃお金がかかるよりはお金になった方が良い。それがたとえ微々たるお金も良いと思う。

というか、むしろ無料でも良いくらいだ。でもそんな都合良く引き取り手があったりするものだろうか。売れるものなのだろうか。

中古自転車の状態によるのではないだろうか。様々な疑問がわいてくる。それにはやはり行動しかないようですね。

リサイクルショップや、中古自転車を扱う販売店。一番良いのは近所で自転車をほしがっている人だったりすんだけど。

まぁネットを探せば中古自転車のリサイクル先や業者さんがみつかったりします。慎重に選んで、行動にうつしてみるのもアリでしょう。

エコな世の中なればこそ、廃棄よりリサイクルですものね。

« 理学療法士の魅力とは | トップページ | 缶コーヒーを飲む場面といえば »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中古自転車のリサイクルについて:

« 理学療法士の魅力とは | トップページ | 缶コーヒーを飲む場面といえば »