« 理学療法士の年収について | トップページ | 胡蝶蘭のギフト・ほうれい線・スリムスパ 美容専門店 »

理学療法士という道

理学療法士という職種を調べた結果で、とても重宝され求人の多い職種ということが見えてきた。理学療法士 求人で調べれば解ることだが、どの地域にも理学療法士を求める医療施設は数多くある。

普及かにある今の日本に置いてこれだけ求人があるということは、理学療法士の資格さえあれば、この先も職に困らないような気がする。ある意味公務員並みに、安定した職種であり、持っていて損のない資格ではないだろうか。

理学療法士 年収については、不況という部分もあるのだろうかそれほど高くもない。しかし低くもないので、こちらの面でも安定していると言えるのではないだろうか。そんな理学療法士になるには、当然のことながら資格が必要である。

理学療法士になるための3年以上の知識と技能を習得し国家試験に合格することが常道だ。理学療法士の毎年の合格者数と合格率の推移を見てみるととても面白いことが解る。受験者は毎年平均5千人。合格率はなんと90%以上。

しかしここ数年で受験者は1万人に跳ね上がり、合格率も70%へと下降している。理学療法士という職種の魅力に気づいた人、リハビリサポートという分野に目覚めた人が多く出てきたということだろうか。

当然ココまで受験者が増えると、中には理学療法士に向き不向きという個性が出てくるかもしれない。しかし3年以上も学んだのに、おいそれとこの道を捨てれるものでもないだろう。

人気が高く、狭き門になりつつあるかもしれないという現状が出てきた理学療法士という道。しかしあくまでここ数年のデータなので、これから先どうなるかは分からない。それに求人も以前と変わりなく多いという現実もある。

理学療法士を目指す人は、事前のリサーチを徹底した方が良いかもしれない。理学療法士 年収もあわせてチェックしてほしい。

« 理学療法士の年収について | トップページ | 胡蝶蘭のギフト・ほうれい線・スリムスパ 美容専門店 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 理学療法士という道:

« 理学療法士の年収について | トップページ | 胡蝶蘭のギフト・ほうれい線・スリムスパ 美容専門店 »