« 理学療法士の国家試験 | トップページ | ハイブリッドカーの魅力 »

ナースコールの必要性と意味

世の中において便利だなと思うシステムのひとつであるナースコール。ナースコールの存在を知らない人はいないと思います。

ドラマや小説などでナースコールはたびたび出てきます。入院した時にナースコール知ったという人もいるでしょう。

そんなナースコールのシステムは今どうなっているのか。そもそもナースコールを設置するには幾らかかるのだろうか。

病院以外でもナースコールは存在するのだろうか。知っているようで知らないナースコールの様々な疑問。

ナースコールの見積をしようというサイトを閲覧していて、いろいろな疑問がわいてきました。

このサイトによると、ナースコールは日々進化しているような記述が見て取れます。

昔のナースコールは、部屋ごとのシステムで、複数人部屋では誰がナースコールを押したかわからない仕様だったとか。

今ではナースコールを押した患者情報がディスプレイや各自が所有するPHSに送信され、それがデータ化され傾向もでたりするらしいです。

患者の側からも、かけつける側からも便利なナースコールのシステム。双方にとって頼れる存在です。

自宅で介護している人にもあれば便利なのではないでしょうか。そもそも個人で販売されているナースコールはあるのでしょうか。

ナースコールの見積もりとともに調べてみる価値はありそうですよね。

« 理学療法士の国家試験 | トップページ | ハイブリッドカーの魅力 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナースコールの必要性と意味:

« 理学療法士の国家試験 | トップページ | ハイブリッドカーの魅力 »