« 胡蝶蘭のギフト・ほうれい線・スリムスパ 美容専門店 | トップページ | ナースコールの必要性と意味 »

理学療法士の国家試験

運動や障害の専門知識と、損なわれた運動能力を回復へと導く技術を擁している理学療法士という職業。

通称「PT」と呼ばれ、医療分野においてなくてはならない存在だといいます。理学療法士さんは、運動療法、温熱療法、徒手的療法、水治療法などといった様々な療法を、知識として技術として身につけている、リハビリのプロフェッショナル。

そんな理学療法士(PT)を目指す人も多いかと思います。PTになるには、国家試験に合格しなくてはならないのです。

調べてみると理学療法士の国家試験が近づいているようです。今年は2月下旬になるようです。毎年この時期にあるのですかね。

今年で第48回を迎えるらしい理学療法士国家試験。筆記試験と実技試験に分かれていて2日かけて行われるようです。さすが国家試験。

ですが2日かけておこなわれるというのは意外です。それだけボリュームのある内容なのでしょうか。

理学療法士という資格には並々ならぬ重要性があるのかもしれません。この国家試験を受けるには3年以上の理学療法士として必要な知識及び技能を修得していなければんらないようなのです。

3年という月日を長いと見るか短いと見るか。これは人によって違ってくると思います。

しかし3年も学んできたからには、試験に落ちることは許されないでしょうし、試験の日が近づくにつれさぞかし緊張するでしょうね。

苦心の末、理学療法士の資格をゲットすれば、資格を交付された日から理学療法士として活動していくことが許されるのです。

理学療法士 求人を調べてみると、かなり膨大の量の理学療法士 求人情報が出てきます。さすが苦労してゲットした資格ですね。これは苦労が報われる瞬間ではないでしょうか。

ですが理学療法士として歩んでいくのはそこからなのです。一歩一歩、プロとして研鑽されていくのでしょう。理学療法士 求人から始まるのですね(^_^)

« 胡蝶蘭のギフト・ほうれい線・スリムスパ 美容専門店 | トップページ | ナースコールの必要性と意味 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 理学療法士の国家試験:

« 胡蝶蘭のギフト・ほうれい線・スリムスパ 美容専門店 | トップページ | ナースコールの必要性と意味 »