« 弁護士・会計事務所について | トップページ | 年金生活について »

理学療法士について

人は理学療法士についてどれだけの知識があるだろうか。多分その方向を目指す人でも明確に答えられる人が少ないのではないだろうか。その道、つまり医学的な方向に縁のない人は一生深く知ることのない分野かもしれません。

そもそも理学療法士とはどんな職なのか。どうすればなれるのか。資格試験はあるのか。疑問は数多くわきあがると思います。当然私も理学療法士について多く語ることのできないほど無知です。ですがまずヒントはその言葉の中にあると思います。

理学療法士。理学とはそもそも自然科学の研究の総称です。療法とは、様々な効果的だと思われるアプローチを用いて回復やケアを図るいわゆる治療の一種です。

これから導き出される答えは、理学を用いて診療する人のことを指すのではないかというのが個人的な見解です。つまり医学的分野の人に与えられる資格や職種。これは正解でしょうか。では理学療法士について答えを見ていきましょう。

理学療法士を簡単に表すとリハビリテーションの専門家となるようです。医療従事者ですね。ここら辺は当たらずも遠からずと言ったところでしょうか。略称はPTとなるようです。

まぁPTと呼ばれているのもあまり聞き覚えのないことではありますが、こちらのほうが覚えやすそうですね。調べていくとそもそも「理学療法」という言葉はあるようで、意味は身体に障害のある人に対してのリハビリ活動を、様々なアプローチで改善していくことを指すようなのです。

これを行う人のことを理学療法士というのですね。理学療法士には当然のことながら資格があり、理学療法士になるために理学療法のことを学び、国家試験に合格しなければなりません。高齢化社会ということもあり、理学療法士のニーズは高くなっているようです。

しかし理学療法士の数は足りてないという現状があるようです。私が理学療法士のことを全く知らなかったように、まだまだ世間に認知されていない職なのかもしれません。必要不可欠な職種だけに、認知度を上げてもらいたいですね。

理学療法士に興味を持った人は理学療法士 求人理学療法士 年収理学療法士 大学をチェックしてみてください。

« 弁護士・会計事務所について | トップページ | 年金生活について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 理学療法士について:

« 弁護士・会計事務所について | トップページ | 年金生活について »