« 会計士さんになるには | トップページ | モバイルで高速バスへ »

行政書士さんの必要性

そもそも行政書士さんってどんな職種で、どんなお仕事をするのか疑問でした。ふと疑問に思ったので行政書士について調べてみました。

行政書士さんとは、法律に基づいて官公署に提出する書類や権利義務・事実証明に関する書類を作成すること、 提出手続代理や相談に応じることを業務とする法律の専門家であるとされています。

まぁ簡単に言えば、法律に関する書類・手続きのプロフェッショナルとであると言うことですね。官公署に提出する書類ってのは多種多様で、

しかもそれぞれに様式があるそうで、その通りに書類を作成しなければならないらしい。そりゃ素人には無理なお話だよね。

そうした複雑な手続きを代行するのがプロフェッショナルである行政書士になります。行政書士さんというお仕事は職務の範囲が広いそうで、

社会保険労務士や税理士、司法書士に似ているところがあるそうです。そういう意味では、目指すべきトコロが似ていると言うことでシフトチェンジできるかもしれないですね。

いやそう簡単なことではないだろうけど……。さて、現在日本には数万種類の許認可申請があり、行政書士が取り扱うことの出来る書類は九千書類を超えているとか。

それだけあるなら行政書士制度の必要性は極めて高いでしょうね。お仕事にあぶれることはないと言っても過言ではない?

あなたも行政書士になって役所に提出する許認可申請の申請書類を作成したりしてみませんか。そんな行政書士になるための専門学校情報サイトがあるようです。

このサイトでは学校案内の資料請求が無料で出来ます。行政書士の専門学校情報なら行政書士の専門学校WEB by 北條晃二をチェックしてみて下さい。

« 会計士さんになるには | トップページ | モバイルで高速バスへ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行政書士さんの必要性:

« 会計士さんになるには | トップページ | モバイルで高速バスへ »