« リフォームしたくなる | トップページ | 水溶性 接着剤ですね »

高気密住宅どうなのか

住まいの快適性を求める上で、興味があるのが高気密住宅である。しかし高気密住宅ってそもそもどういうモノなのだろうか?

想像するに、防音効果抜群で外気に強く耐熱性を持っていて冬暖かみたいなイメージなんだけど実際調べてみると色々なことが分かった。

まず、高気密住宅のメリットは耐震、耐火、耐熱性に優れているというコト。そして省エネ効果、高い防音性、快適な室温を生み出すというのだ。

だいたいイメージ通りだけど、耐震性まであるんだね。地震大国日本にとってコレは有り難い必須要素だね。でも気になるのがそんなに気密で大丈夫なのかと言うところ。

やはり空気が流れないと部屋の中が淀みそうな気がしてね。でもそういう心配はどうもいらないらしい計画換気によって、常に新鮮でキレイな空気が流れるというのだ。

生活臭などがこもってしまうコトもないようだね。こうやって見ていくと今のところメリットしかないようですね。あと心配なのは費用ぐらいか。

これだけの性能を誇っているとどうしても、お高いんでしょう?っていう言葉が頭をよぎる。しかしどうやらそれほど高価でもないようなのだ。

坪あたり48万円から(材料費+経費)ということです。一切の手抜きのない高気密高断熱住宅を実現できるのならこの価格はお安いと言えるのではないでしょうか。

高気密住宅に興味がある人は是非チェックしてみて下さい(^o^)

« リフォームしたくなる | トップページ | 水溶性 接着剤ですね »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高気密住宅どうなのか:

« リフォームしたくなる | トップページ | 水溶性 接着剤ですね »