« クラウンの中古車充実 | トップページ | 実感プレゼントきたよ »

マインドマップとは?

マインドマップというものをご存知でしょうか。マインドマッピングとも表記され、イギリスの著述家のトニー・ブザン氏が1960年代に提唱した、図解表現法・ノート方法のひとつだそうです。表現や実現したい事象に関連するキーワードやイメージを図に書き出し、

そこから他のキーワードやイメージを繋げていくことで発想を広げていく図解表現技法。僕自身マイドマップのことを全然知らなかったのですがなかなか楽しそうですよね。自分の興味のあることや好きなモノなどを図解表現するのって作業する課程も、完成を見るのも楽しそう。

やりかたは中心となるキーワードやイメージを図の中央に置きそこから放射状にキーワードを繋げていきます。文章のような直線的な表現ではなく、一つの言葉から、物事を次々に連想して放射状に展開させていく。一見すると、路線図のような感じがします。

マインドマップ12のルールは・無地の紙を使う・用紙は横長で使う・用紙の中心から描く・テーマはイメージで描く・1つの枝に1つのワード・ワードは文章では無く、単語で書く・枝は曲線で・強調する・関連づける・独自のスタイルで・創造的に・楽しむ!というもの。

至ってシンプルなルールだと思います。やはり創造的に楽しむというのが重要かな。とても汎用性が高く国家レベルでの教育での活用、有名人・大企業でも多くの採用事例があるそうです。企画会議やプレゼンで活用するのもなかなか良さそうなツールですよねマインドマップって。

一覧性に優れ、キーワードが結ばれることから、関連性がひと目で分かります。他と比較するという相対化には向いてないそうですが、それを引いて余りあるポテンシャルを秘めていると思います。マイドマップに興味が出てきた人はマインドマップをチェックしてみて下さいね(^_^)

« クラウンの中古車充実 | トップページ | 実感プレゼントきたよ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マインドマップとは?:

« クラウンの中古車充実 | トップページ | 実感プレゼントきたよ »