« 安全チャイルドシート | トップページ | 逃亡弁護士の主題歌! »

コレステロールのこと

動脈硬化予防とコレステロールのバランスについて考えてみた。私たちは普段健康のことを考えながら食事をしている筈だが、その知識がどこで得られどの程度信用に足るかに寄る訳であるが、ここらへんがスゴク曖昧である。

だから長年の勘とか、年長者の経験談を元に推し量ったりもするのだが暗中模索な感が否めなくもない。コレステロールには、善玉と悪玉がある。当然悪玉が多いと動脈硬化などの命の危険にさらされる病気になる。

しかし近年の研究に置いて、悪玉が正常範囲でも善玉コレステロールが少なすぎると、動脈硬化が急速に進むこともわかってきましたようである。最近の研究によって分かった成果だけあってどれほどの人が知りえているのだろうか。

とにかくバランスなんだよね。悪玉が正常値だからと言って善玉の存在を無視できない。善玉を増やす努力もしないといけないのだ。まぁこれは何事にも言えることだけど、やりすぎは良くなくてやらない過ぎは良くないというコト。

つまりバランスを保つのが一番イイ状態を得られ、健康でいるという結果を残せる訳だ。コレステロールのバランスを考えた場合動脈硬化予防へと繋がる。正しい知識が生活習慣を良き方向へと変化させてくれるんだね。

健康診断やお医者さんに言ってコレステロールのバランスを測定して貰い、LH比を得てアドバイスを受けることも重要ですね。あ、LH比とは管理目標値のコトです(^_^)

« 安全チャイルドシート | トップページ | 逃亡弁護士の主題歌! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コレステロールのこと:

« 安全チャイルドシート | トップページ | 逃亡弁護士の主題歌! »