« 光と闇のプリンセスだ | トップページ | 資産運用についての… »

治験へのイメージとか

「治験」をいう言葉をご存知でしょうか。僕も何となく言葉の意味を分かっているってだけで、正直詳しい内情や実情をまったくと言って良いほど知りません。あっているかどうか分からないけど、僕が抱く治験とは、薬が薬として承認される前、一般的な流通される前に、最後の最後まで人の協力を仰いで試すこと?

人体実験的なね。こう云うとちょっと怖いけどさ。まー大体おおまかにはあってると思うのですが、インクロムのサイトを見てちょっと治験について勉強してみたんだ。そうするとね、単純になんか怖そうだなっていう治験へのイメージがガラリと変化しましたね。

治験とは治療薬の試験。薬は治験という絶対不可欠な道のりを通って僕らの目にとまるようになる。まぁだいたいここまでは想像通りだ。でも想像以上に治験というか、薬が承認されるまでって大変なんだと思い知らされた。数十年かかるみたいね。

安全や効能を有無を慎重に調べてたらそれぐらいかかるのはやっぱ当然なのかな。でもそう考えると治験ってすごく重要で、尊い作業なんだと思った。怖いイメージとか思ってスマンと。薬に助けられている人は多いしさ。中には糖尿病などの命に関わる病気もある。

それは治験に支えられてる側面があるんだもん。そこまで考えたことは正直無かったなぁ。普段何気なく薬に頼ることもあるけど、治験があってその薬は存在するワケだ。そして治験ボランティアという存在。薬を次代へ担う尊い役割である。
 
薬の有り難さの再確認、治験へのイメージ、そして僕もちょっと治験ボランティアにすごく興味を持ったんだな。これってもっともっと広く知られるべき社会貢献という気がしたんだな。もちろん治験という言葉の意味もね(-_-)
 
Img8

« 光と闇のプリンセスだ | トップページ | 資産運用についての… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 治験へのイメージとか:

« 光と闇のプリンセスだ | トップページ | 資産運用についての… »