« ジュンスカライブ動画 | トップページ | プレミアパークの診断 »

茶道具買取という世界

茶道具買取という世界があるのをご存知だろうか。僕はまったく知りませんでした。はな垂れ坊主の僕には全く未知の世界です。やはり日本古来からの伝統的な文化である茶道。茶道具には歴史的価値のあるモノから、著名な先生が作られたモノなど、芸術的価値がするものはやはりお高く売買されているのでしょうね。

一度そういう世界を除いてみたいモノです。歴史的な茶道かと言えば僕は千利休ぐらいしか知りませんが、茶道という世界には興味があります。だってモロ和の文化じゃないですか。おもてなしの心や、和の文化をさらに広めるためにいずれはその道に、興味本位ながら進んでみたいと思いますねぇ。

一度だけお茶の文化を体験したことはあります。子供の時分かな。流派みたいなモノもあって様々な作法があるようなのですが、お茶碗ぐらいの大きさのお茶碗に点てられたお茶を、たしか三回回してからだったかな〜、でも口を付けるところは絵柄が入っているところはダメとか、まぁいろんなルールがあってね。

そして上品にお茶を頂く。結構なお手前ですとか、決め台詞もあった気がするなぁ。その時体験したお茶はすんごく甘くて、でも後味はお茶のほろ苦さがあり、とても美味しかった思い出があるのだ。その時は正直小学生ぐらいだったので、作法が堅苦しいなぁ〜みたいな感想しかなかった。
   
でもね、歳を重ねる毎にあれはとても貴重な体験であったという想いがドンドン増してきた。そして和の文化で、和の歴史的作法を見直したい、もっと体験したいという想いがドンドン強くなってきた。お茶の世界。また是非体験したいと思っているのだ(^_^)

« ジュンスカライブ動画 | トップページ | プレミアパークの診断 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茶道具買取という世界:

» 電車の中ではめてきた(笑) [ツルーフツンポ]
顧客のおんな社長に頼まれて、通勤電車の中ではめてきました(爆笑) 吊り革を両手で持って周りにバレバレだし(笑) リスク高いからってお礼に30枚もらったけど(笑) [続きを読む]

« ジュンスカライブ動画 | トップページ | プレミアパークの診断 »