« エンタメ年間ランキン | トップページ | 調味料マイスターとは »

僕にとっての戦いとは

僕にとっての戦いとは何だろうか考えてみた。僕は人との競争、つまり他人との戦いに燃えない・燃えられない平和主義者、博愛主義者なのでなんつーか、自分自身といつも戦う人間なのではないかと云う認識を持っている。

例えば小さいコトから言うと、欲しい物食べたいものを我慢するしないの自分との戦いであったり、そろそろ煙草を辞めたいので少しづつ吸う本数を減らしていく戦いであったりする訳だ。つまり強い意志をどれだけ貫けるかの戦いだね。それにしても本当に小さいことだなぁ…。

まぁでもこんな感じで自分との戦いは今まで続いて来て、負けてるコトの方がおおい気がするんだな。つまり意志が弱い…。いやでもこれからもこの自分自身との戦いは続く訳です。死ぬまでね。マラソンのような孤独な戦いだよね。

さて、戦いと言えばボクシング。人の戦いを見るのは大好きです。今度、内藤大助vs山口真吾のWBC世界フライ級タイトルマッチが行われますね。この番組では応援合戦を実施していて、どちらを応援するか投票することで任天堂ゲーム機WiiとWiiスポーツをゲットできるチャンスがあるゾ!是非投票に参加して自分の運を試そう!


« エンタメ年間ランキン | トップページ | 調味料マイスターとは »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僕にとっての戦いとは:

« エンタメ年間ランキン | トップページ | 調味料マイスターとは »