« 僕にとっての戦いとは | トップページ | ファッション専門学校 »

調味料マイスターとは

調味料マイスターなるワードをご存知だろうか。調味料マイスターとは調味料の魅力や使い方などを正しく伝えることのできる人のコト。いわば調味料のエキスパートだ。それが調味料マイスターなのだという。なんかカッコイイ称号ですよね〜(^_^)

そんな調味料のエキスパートを育てる場が日本調味料マイスター協会。ここが調味料マイスターを育成しその称号を認定するのだという。果たして調味料マイスターという資格を得るメリットにはどのようなコトが考えられるのでしょうか。

サイトを閲覧し独自に解釈してみた。調味料に精通し、四季折々の食材に適用させることで食の潜在力を最大限まで引き出し食の楽しさを方々で振る舞い、伝える役割を担う。これが使命になるような気がします。少し大げさかも知れないがそれは今や崩壊しつつある日本の安全な食文化を救う担い手となるかも知れない。食への不信感は膨らむ一方ですからねぇ。

調味料 さしすせそが言えない人も多い世の中です。料理&調理するコトへの興味を失っている人にもその魅力を伝えることも調味料マイスターの役割になり、食への関心が着実に広がっていくことが全ての人のメリットになるかもしれません。只今東京や大阪開催の講座申込受付中だそうです。今なら資料請求の方先着30名に「ゲランドの塩」4種のサンプルと調味料マイスターオリジナルレシピがプレゼントされちゃいます。興味がある人はチェックしてみて下さい(^o^)ノシ

1

« 僕にとっての戦いとは | トップページ | ファッション専門学校 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 調味料マイスターとは:

« 僕にとっての戦いとは | トップページ | ファッション専門学校 »