« 邦楽史に残る名曲が | トップページ | 全身脱毛してみたい »

米国公認会計士って

米国公認会計士ってさ、なんか言葉自体がカッコイイというか、なれるモノならなってみたいような職業である。言葉通り解釈するとアメリカに認められた会計士だ。最近にわかに注目を集めているらしい。どういったものなのだろうか?

米国公認会計士は、Certified Public Accountant、略してCPAとも呼ばれるらしい。USCPAとも呼ばれることも。言葉通り米国各州が認定する公認会計士であり資格なのである。この資格を得るために日本人が渡米しているようです。ではなぜ今注目を集めているのか?

それは日本における米国公認会計士の数が極めて少ないかららしい。なるほどね〜。狙い目の職業と言うことになる。日本企業が米国市場進出、上場に置いて欠かせない役割を持っているので、大きな企業に雇われるチャンスも同時に持っていると言えるのではないでしょうか。

稀少な資格ならそれだけで、需要はかなりありそうだし、就職or転職にもすごく役立ちそうだよね。しかも日本の公認会計士の試験に比べて簡単らしいよ。

会計の知識がなくてもそこそこ英語力がある人は挑戦してみても良いのではないだろうか。最近では日本でこの米国公認会計士資格を取得できるらしいので是非チェックしてみて下さいね(^o^)

« 邦楽史に残る名曲が | トップページ | 全身脱毛してみたい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国公認会計士って:

» 脱チェリーボーイ!!! [駅弁逆バック]
半信半疑で始めたら、本当にドウ○テイ捨てれた、、、 今までの39年間なんだったんだ。。お礼にもらった32萬でかあちゃんに神戸牛おくった(笑) [続きを読む]

« 邦楽史に残る名曲が | トップページ | 全身脱毛してみたい »